FC2ブログ

奴隷達に


奴隷達に
2014、4、11から、生理開始したからね。


いつものように射精禁止って事は、オナも禁止だからね。




今回も、生理痛が、酷い(≧ω≦)体調不良につき、機嫌を損なわないように、注意しなさい。











さて、ランキングに参加中です。気になる人は、下へ急げ。↓↓↓↓↓





足跡変わりにクリックしてね。1クリックしてっちょっ。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

奴隷達へ



奴隷達へ
すまんな。
プライベートでまだバタバタしてて、今全く余裕なくなってる。



それに加えて、体調も回復と不良の繰り返しで、何かとバタバタ。



お前達の事は何かと気になってるんだ。


本当すまんな。
それぞれが、しっかり今を生きていてくれることが、私への奉仕になる。
私が、使いたい時に使えるようにメンテナンスだけは怠らないようにしておきなさい。



まぁ、少しずつ、Sは復活しつつあるから、時たま、またメールしなさい。




しっかり生きてなさいよ。



何かあれば話しなさい。
大好きだよ。
離れてる間も、私からの愛情は、しっかり感じてるかな?



またな。


ランキングに参加中。下へ急げ。↓↓↓↓↓





足跡変わりにクリックしてね。20万ヒット迄もうそろそろ。1クリックしてっちょっ。

躾の記録~その5~





目が覚めると、綺果様は先に目覚めていたらしく隣にはいなかった。
パソコンに向かい何か作業をしている。

その足元に四つん這いで近づく。
「おはようございます綺果様。」
そう言って足にキスをする。

おはようとは言ったが時間は11時前ぐらいだ。
「おはよう。今あなたへのお仕置き募集の日記書いて上げてるからね。どれをしてもらうかはちゃんと選んであげる。S女さんはもちろんだけど、M女さんが書いてくれるかもしれないからね。楽しみねぇ。」
「はい。ありがとうございます。」
「ふふ。じゃあ今日は服を着て、帰りなさい。パンツは今日私がプレゼントしたやつね。」
「かしこまりました。」
「じゃあ、最後にちょっと芸をしてもらって、今日は犬やめてもらおうね。」
お座り、お手、おかわり、など綺果様に教えられた犬芸をさせられる。
「ふふ。最初は恥ずかしがってたこともそんなに出来るようになって偉いねぇ。じゃあ首輪外すね。」
首から重みがなくなる。
「綺果様、今日も自分のことをペットとして躾けてくれてありがとうございました。」
「私も楽しかったわよ。じゃあこれね。」
手に紫のティーバックを渡される。
「はい。」
もうさっき履いていたとはいえ、やはり恥ずかしい。
「はは。やっぱり入らないねぇ。こんなに出ちゃってる」
「あぁっ。」
はみ出てる部分を手のひらでグリグリとされる。
「帰り道気をつけないとね。」
「あの、前のパンツはどうしたらいいですか。」
「そうねぇ。帰り道にコンビニあるわよね。」
「はい。あります。」
「トイレは男女兼用?」
「はい、それもあります。」
「そう。じゃあそこのトイレに置いて帰りなさい。あなたみたいな変態さんが喜んで持って帰るかもね。どんな人が持って帰るか確認するために置いたら雑誌立ち読みして何人かトイレに行ったらなくなってないか確認しなさいね。」
「分かりました。」
「コンビニ近づいたらメールしなさいね」

「じゃあ、また連絡するね。気をつけて帰ってね。」
玄関で見送られる。はたから見たら仲良しなカップルだろう。

帰り道の途中に言われた通りにコンビニに向かう。
綺果様にメールを送る。
返事を待つために少し雑誌を読む。
綺果様と同じ年かなと思う女性が1人同じように立ち読みをしている。

携帯がなる。
「じゃあ置いておいで。そうねぇ小物置きの棚にハンカチみたいにたたんで置いておいで。ちゃんと写真撮ってね。」
トイレに向かう。
ただ、パンツを置くだけだが、とてもドキドキしてしまう。
言われたように畳んで、棚に置く。

何事もないかのように手を洗いまた雑誌を読む。
写真は撮って送った。

手を洗っている時にさっき立ち読みしていた女性がトイレに入っていった。

「はは。綺麗にたたんだねぇ。さあ、どんな人が持って帰るかなぁ。女の子が見ても触らないでそのままだろうね。やっぱり男の子かなぁ。」
「分からないですが、今とてもドキドキしています。」
「あまりドキドキしたらダメよぉ。小さいパンツしか履いてないんだから。」

こんなやり取りをしているとさっきの女性が出てきた。
飲み物を手に取りレジに向かった。
その女性が店を出ると、今度は男性が入ってきた。
スーツを着た中年のサラリーマン風な男性で、トイレに入って行った。

少し時間が経って、男性が出てくる。
いくつか商品を買って帰っていく。
それを見届けて、トイレに確認に行くと、パンツがなくなっていた。

「綺果様、パンツなくなりました。おそらくサラリーマンの男性が持って帰ったと思います。」
「そう。どう使うのかなぁ。あなたと同じように履いてみるかもね。良かったわねぇ。同じように変態な人がいて。さぁ、家に帰っていいわよ。私はもう寝るから明日の朝までメールや電話はしないでねおやすみなさい。」
「かしこまりました。おやすみなさいませ。」

コーヒーを買って家路につく。
少し歩いた所で声をかけられる。
「すいません。」
「はい。」
振り返るとさっきコンビニにいた女性だ。にこやかな表情をしている。
「どうしましたか。」
「いえ、忘れ物を渡そうと思って。私もトイレに忘れ物をして、取りにもう一回入ったらあった物だから、私の後に入った人の物に違いないと思って。ただ、店の中ではわたしにくくて、出てくるの待ってたんです。」
心臓の鼓動が速くなる。
「えっと、、。」
「大丈夫ですか?これ、あなたのですよね。」
確認するために良く見せるように、目の前で広げられる。
手を伸ばして取ろうとするが、パッと下げられる。
「やっぱりそうなんですね。そんなに焦らなくても返しますよ。はいどうぞ。」
優しく手渡される。
「あの、誰にも言わないでください。」
「えっ。もともとそんなつもりないですよ。ただ、親切のつもりで返してあげただけなのに。でも、そんなこと言われたら、意地悪言いたくなっちゃったなぁ。私の質問に正直に答えてくれたら誰にも言わないであげますよ。答えてくれますか。」
「はい。」
自分の生活範囲内のコンビニでのことだから、話されたら誰に知られるか分からない。
「じゃあ、このパンツ少し腰のゴムが伸びてたんですよねぇ。もしかして、履いたりしました?」
「はい。」
「えぇっ!男の人なのに!自分で買ったんですか?」
「いいえ、もらいました。」
「へぇ。じゃあ誰かにプレゼントされて履いたんですねぇ。ねぇ、履いてる姿見せてください。」
「いや、それは。」
「じゃあコンビニの店員さんとかに話そうかなぁ。ほら。」
トイレに置いていた写真と雑誌を立ち読みしている自分の写メを見せられる。
「コンビニ行けなくなっちゃうし、もっといろんな人に知られちゃうかもしれないですねぇ。どうします?見せてくれますか?」
「はい。」
「じゃあ、そこの公園の身障者トイレ行きましょう。」
そう言ってスタスタと歩いていく。

夜中の誰もいないトイレの部屋に2人で入る。
「変なことしないでくださいね。すぐにさっきの写メ友達に送りますからね。」
「はい。」
「じゃあ、見せてください。まずはズボンと今履いてる男物のパンツ脱がなきゃですね。」
そう言われて、今履いてるのが紫のティーバックなことを思い出す。
固まっているとせっつかれる。
「どうしたんですか?早くしないと送信しちゃいますよぉ。」
携帯の画面を見せられる。
自分の写真と。
この人女の子のパンツ履くんだって。
と書かれたメールが作られている。

もう、どうにでもなれという諦めの気持ちになる。
ズボンを脱ぐ。

「えぇっ!何ですかそのパンツ。さっきのよりも恥ずかしいじゃないですか。へぇ、本当にそういうこと好きな人いるんだぁ。ふふ。いいですよ。恥ずかしいパンツ履いてる姿見せてくれてありがとうございます。今度からもしも私に会ったら下着チェックしますね。じゃあ私は先に出るから少しして出てきてくださいね。おやすみなさい、変態さん。」
まだズボンを下げたままの自分を残してスタスタと出ていってしまう。
1人残されて、頭の中を整理する。




外に出た女性はメールを打っていた。
「綺果、ペットちゃんの恥ずかしい姿見たよぉ。楽しかったぁ。もっと虐めたくなっち
ゃうね。今度からもし会ったら下着チェックする。とは言ったよ。しばらくは私が綺果
の友達ってことは秘密にするんでしょ?」

「楽しんでくれて良かった。まだ虐めるのは我慢してね。次はもっと変態にしといてあ
げる。そうね、まだしばらくは秘密。今日はもう連絡してこないように言ったから今頃
1人で悩んでるだろうなぁ。明日が楽しみ。」

そんなやり取りがされているなんて、思いもよらず個室の中で、明日綺果様にどう話そ
う。話した方がいいのかな。と悩む。
悩んでも答えが出ないので、諦めて、少しふらふらとしながら家に帰って布団に潜り込
む。





ランキングに参加中。続きが気になる、下へ急げ。↓↓↓↓↓





足跡変わりにクリックしてね。20万ヒット迄もうそろそろ。1クリックしてっちょっ。

飲み過ぎた


ヤバい
飲み過ぎた。
気持ち悪い(=_=Ⅲ




酔い醒ましの方法カキコ頼む













ランキングに参加中。下へ急げ。↓↓↓↓↓





足跡変わりにクリックしてね。20万ヒット。1クリックしてっちょっ。

※注意点※奴隷募集について


奴隷募集について。
私は東京都内には住んでいませんし、関東地方ではありません。



基本逢うことも視野に入れてますが、今は、メール調教が主です。




でも、基本遠距離調教が、多いかな。



それでもって人は、コンタクトしてきてね。




まだまだ、募集中。

ランキングに参加中。下へ急げ。↓↓↓↓↓





足跡変わりにクリックしてね。20万ヒット迄もうそろそろ。ランキング上がると何かあるかも、1クリックしてっちょっ。

いつのまにか


いつのまにか、
GWが近付いていて、
今年も4ヶ月過ぎようとしてる。
なんか、
いろいろ、
ありすぎて、
体調も心も、
不安定なまま、
時だけが、
過ぎていく。


その度に、
blogからも、
SMからも、
遠ざかって、
それでも、
なんなくと、
生活出来てる私、
Sだからかな、
ないならないで、
生活出来る、
まぁ、
SMする、
気力に余裕が無いだけ、
性欲が、
湧かないだよね、
最近少しずつ、
サイト徘徊するまで元気になってきたかな。


人は、
いろんな、
浮き沈みを、
経験しながら、
前へと進んでいく。


SMも同じ。




ランキングに参加中。急げ。↓↓↓↓↓





足跡変わりにクリックしてね。20万ヒットもうそろそろ。ランキング上がると、素敵なことがあるかもね。1クリックしてっちょっ。

ランキング


ランキングアップありがとう。



まだまだ、放置中だけど、
懲りずに、
バナークリックよろしく。




まだまだ、SMする気力なくって、エロ話しは、
まだまだかな。




最近は、
専ら、呟く事の多いこの頃です。


ランキングに参加中。急げ。↓↓↓↓↓





足跡変わりにクリックしてね。20万ヒット企画もうそろそろ。ランキング上がると、素敵なことがあるかもよ。1クリックしてっちょっ。

独り焼肉


今日は、
独り焼肉に行ってきました。
最近は、
外でお酒呑むのに嵌まってます。


一日置きに、酔っ払っらってます。
今日も、
ぐっすり寝れそうかな?




でも、
性欲は、
まだまだ、
沸いて来ない。



しばらくは、日常的な話題かな。





ランキングに参加中。急げ。↓↓↓↓↓





足跡変わりにクリックしてね。20万ヒット迄もうそろそろ。ランキング上がると、素敵なことがあるかもよ。1クリックしてっちょっ。

調教課題


M子M君共通。


簡単なの。
部屋で全裸になって、一番恥ずかしい恰好の状態で、自分がオナしてる姿を写真に撮るか、ムービーに撮るかしなさい。
そしたら、近くのコンビニか、公園のトイレに行きなさい。
ムービーの場合はヘッドホンを付けるか、音無しでも構わないそのトイレで、自分のオナ姿を見て、帰宅しなさい。
外で、改めて自分のオナ姿を、見るのって、露出よりもハードかな?

今回はこれだけ。



写真の場合でも同じよ。


要は、フレームにしっかり自分のいやらしい顔と、マンとチンも納めること。
いい、みんなが普段やってるようにだよ。
それに少しアレンジされてるだけ。
トイレでは、パンツにお汁をベッタリ垂らしながら帰ること。
ペーパーで拭うのは禁止。
帰宅したら、報告しなさい。
秘密コメントでも、メッセージでも構わないから。
私に画像、ムービー送れる子は、送りなさい。
送れくても構わない。




ランキングに参加中。課題実行した物は報告代わりにクリックしなさい。↓↓↓↓↓





足跡変わりにクリックしてね。20万ヒット企画迄もうそろそろ。ランキング上がると、素敵なことがあるかもよ。1クリックしてっちょっ。

躾の記録~その6~妄想小説




朝起きて、綺果様にメールを送る。
「綺果様おはようございます。昨日も、躾をありがとうございました。今日は1日休みで予定も入っていない1日です。」

すぐに返事が来る
「そうなんだね。じゃあ、今日は昼ごはんを作りに来なさい。裸エプロンでもしてもらおうかな。12時に私の家まで来なさい。」
時計を見るとまだ10時ぐらいだ。

「かしこまりました。食材などはありますか?裸エプロン、恥ずかしいですね。頑張って作ります。」

「食材はそれなりにあるから、適当に使って作ってくれていいよ。昨日パンツ一枚減ってしまったから、今日も一枚あげなきゃね。楽しみにしてなさい。じゃあ後でね。」
「嬉しいです。楽しみにしています。はい。後ほど。」
約束した12時に着くように家を出る。
途中、昨日の公園、コンビニと通る。昨夜のことを思い出して、少しドキドキしてしまう。

「あれ、昨日の変態さん?」
横断歩道の信号で止まっていると隣に来た女性から声をかけられる。
少し雰囲気は違うが昨日の女性だ。

「あっ、こんにちは。」
少したどたどしくなってしまう。
「こんにちは。今日はどんなパンツ履いてるんですか?昨日した約束忘れてないですよね。私と会ったら下着確認するって。」
「今日は、これから約束があるんで。」
「あれ?そんなこと言っていいんですか?この恥ずかしい写真出回っちゃいますよ?」
昨日トイレで撮られた写真をみせられる。
「それは。」
「ふふ。ですよねぇ。じゃあ、今日もチェックですね。そうだなぁ、あのマンションの駐車場行きましょう。」
そう言って、歩いていく。時間に間に合わなくなりそうだがついていくしかない。

駐車場の周りからは見えないだろう所に行く。
「じゃあ、ズボン少し下げて、パンツ見せてください。あっ、そうだ。ただ、見せてもらっても楽しくないから、見てくださいって言ってからズボンおろしてくださいね。出来ますよねぇ?」
そう言いながら、また写真を見せられる。
逆らえない状況を作られてしまっている。
「パンツ見てください。」
そう言ってから、ズボンを下ろす。
「あら、今日は普通のパンツなんですね。でも、なんかここパンパンっぽいけど。」
前の膨らみを触られる。
「あっ。」
「はは、そんな声出ちゃうんですね。約束あるんですよね。もうズボン上げて行っていいですよ。また会えるの楽しみにしてますね。」
そう言って、昨日と同じようにスタスタと去って行く。

携帯を見るとギリギリ時間に間に合うかどうかな時間になっている。

部屋に辿り着いてインターフォンを押す。
ほどなくドアを開けられる。
「どうしたの、そんなに息切らせて。」
「時間に間に合わないかもしれないと思って少し走って来たので。」
「そう。じゃあ暑いね。ほら、さっそく着替えてごらん。」
エプロンを渡される。
服を脱いでエプロンだけを着ける。
素肌に布がこすれる感覚と後ろは全く何もないのに近くスースーする。
「なんだかエッチな姿ね。裸じゃないのに、どこでも直接さわれそうで。じゃあご飯よろしくね。」
台所に行き、ある食材で簡単なご飯を作る。
綺果様が近づいてくる。
「付け忘れてたね。」
そう言って首輪をつけられる。
「ご飯と味噌汁と野菜炒めね。ありがとう。皿に入れるのは私がやるから、エプロンを洗濯カゴに入れておいで。ついでに玄関に脱いだ服も畳んで持っておいで。」
促されるまま、家事室の洗濯カゴにエプロンを入れて、玄関の衣類を畳んでリビングに戻る。
テーブルの上に茶碗、汁椀、大皿に作った料理が置かれている。
ただ、綺果様の分だけで自分のはテーブルの上に見当たらない。
「何、立ってるの?」
テーブルの前に置いた座椅子に座った綺果様に声をかけられる。
「えっと、僕は食べたらダメなんですね。」
「ちゃんと入れてあげたわよ。ほら」
ご飯の上に野菜炒めを乗せた皿を持ち上げられる。
ただ、その皿は深めの皿でアルミで出来ている。
それを綺果様の左隣の床に置かれる。
「あなたは私のなんだっけ?」
「綺果様のペットです。」
「そうよね。私のペット。私の変態な犬でしょ?ワンちゃんはこういうお皿で直接口で食べるもんね?」
「はい。」
「じゃあここにおいで。」
エサ皿の前の床を叩かれる。
そこに四つん這いになる。
「じゃあいただきます。あなたも食べていいわよ。」
綺果様が食べ始める。
その隣で手も使わずに顔を皿に入れて食べる。
もちろんそんな、食べ方は慣れていないから、顔がベタベタになる。
「ふふ。情けない姿ねぇ。そうだ、そういえばお仕置きのアイディアのコメント結構書いてもらえたわよ。後で選ばせてあげる。」
「ありがとうございます。」
「何番目のお仕置きにするか、だけだけどね。ちゃんと実行させるからね。」
「はい、もちろんです。」
なんとかご飯を食べ終わると風呂場に連れていかれる。
「顔を洗ってあげなきゃねぇ。」
本当の犬を洗うように、四つん這いのまま顔にシャワーを、かけられあらわれる。
「はい。綺麗になった、じゃあ部屋に行ってお仕置きを選ぼうね。みんな結構キツイの書いてくれてるよ。」
どんなお仕置きが書き込まれているのかドキドキしながら、リードを引かれ部屋に戻る。







ランキングに参加中。急げ。↓↓↓↓↓





足跡変わりにクリックしてね。20万ヒット企画迄もうそろそろ。ランキング上がると、素敵なことがあるかもよ。1クリックしてっちょっ。

懲罰奴隷かずについて


さて
皆様に報告があります。
今回
もう一度だけ虫けらかずを厳しく躾直すことにしました。
ただし、
優しさは与えません。
ただ厳しさのみ。


何故かは、
今回の件でいかなる事をしたのか、私がどれだけ失望し疎外感をかんじたのかを、思い知らせるためです。


次のチャンスはもうありません。


また失態をしたときは、今度こそ、廃棄処分です。
厳しさのみ。
の調教にどれだけ、食いしばり、耐え抜くでしょう。



それが、今後に繋がる態度、姿勢で、示して行くという、あいつの誠意の見せ方です。




ランキングに参加中。急げ。↓↓↓↓↓





足跡変わりにクリックしてね。20万ヒット企画迄もうそろそろ。ランキング上がると、素敵なことがあるかもよ。1クリックしてっちょっ。

躾の記録~その7~妄想小説





部屋に戻りパソコンの前に綺果様が座られる。
「コメントは21件になってるね。私が返事したりもあるからね。
始めの方はマイミクさんが書き込みしてくれてるものだから、10までで好きな数字は何?その番号のコメントの命令が今日のお仕置き。」
何を書かれているか分からない。
何番が比較的楽で、何番がきついかも。本当に思いついた数字を言う。
「8番でお願いします。」
「8番ね。じゃあ自分で8番目に書いてあるコメントを読んで。私も覚えてないけど。」
パソコンの画面を向けられる。
日記の文面が目に入る。
ペットへのお仕置きアイディア募集。

私のペットへのお仕置きで、こんなのどう?ってのを書き込んでください。
ペットに何番目がいいか数字だけで言わせて、その番号のコメントのお仕置きをさせます。
もちろん報告させますね。

コメントにいく。
8番目は、かなという名前の女性の書き込みだった。
その命令を目で読んで黙ってしまう。
「どうしたの?早く読んでごらん。誰のコメントになったの?」
「はい、。かなさんの書き込みです。」
「あぁ、あの子かぁ。どんな命令だったっけ?」
「他の人の命令が無駄になるのはもったいないから、私のを選んでしまったら私のコメントよりも前に書かれたお仕置きも全部する。ってのが私の考えたお仕置きってことで笑。選んじゃったら大変だろうなぁ。
と書かれています。」
「ははは。いいお仕置き選んじゃったわねぇ。じゃあ1番目からどんなお仕置きか読んでいってあげようね。膝立ちで聞きなさい。」

一つずつ書き込まれているお仕置きが読み上げられていく。
「一つ目は優しいわねぇ。
快楽責めで限界までいきつづけること。だって、飼い主様が限界と思うまでひたすらしごかれつづけられるのって最初は気持ちいいけど、段々辛くなりそう。
だって。ふふ、私が判断するんだからねえ。覚悟しなさいね。」
「はい。覚悟します。」
「二つ目は
トイレで全裸になってそのあとにオナニーね。
全裸でドアの方を向いて5分間立ってること、そのあとにオナニーはしていいけど、いくのはダメ。
だって。これはまだ優しいわねぇ。」

「三つめは
アナル拡張 するためにペンを今入る数より一本増やす。だって。
そうねぇ。ペンでも一本増やすのはお尻が少し苦しいだらうねぇ。今は何本入るんだろうね。」
机の上のペンに手が伸ばされる。
そのペンを唇につけられる。
口に含み唾液をたっぷりつけるように舐める。
「ふふ。いい子ねぇ。」
そのペンをお尻にあてがわれゆっくりと埋め込まれていく。
それが3回繰り返される。
「もうきつきつねぇ。これにあと一本入れるんだからね。泣いちゃうかもねぇ。お仕置きだから絶対に入れるけどね。」
お尻に入ったペンを手のひらでゆっくり押したり回したりされる。
姿勢を崩すとお尻を叩かれそうでじっと動かないように耐える。

「4つめは、見られながらの放尿。飼い主様が指定した服装、場所、やり方ですること。んー。私が考えなきゃいけないね。じゃあ、裸に首輪で非常階段の踊り場で、オス犬のオシッコね。恥ずかしさに耐えられるかなぁ。ちゃんと人のいなそうな時間は選んであげるから。絶対に来ないとは言えないけど。」
「分かりました。想像するだけで恥ずかしいです。」

「そうね。次のお仕置きはお尻百叩かれ。お仕置きって言ったらお尻叩きははずせないわよね。あなたは苦手だからいいお仕置きになるわね。」
軽くお尻をペチペチされる。
強く叩かれそうでビクビクなる。

「あと二つね。六つ目は寸止めオナニー10回連続ですること。途中でいったらやり直し。ふふ。10回だってよ辛そうねぇ。」
「はい。とても辛いと思います。でも、頑張ります。」

「やっと最後のお仕置きね。持ってるおもちゃをチンチンとアナルにつけてお出かけ。スイッチは飼い主様のなすがまま。ふふ、楽しそうなお出かけねぇ。こんなたくさんのお仕置きしないといけないんだねぇ。一つのはずだったのにね。じゃあ一つずつしていこうね。」

綺果様がコメントを書き込む。
「8番目を選んだから、7つのお仕置きを受けることにペットはなりましたwこれから一つずつしていきますね、楽しいけど長い1日なりそう。」

書き込み終わるとまたらこちらを見られる。
「ふふ。自分でもわかってるんだろうけど、もうヌルヌルにしちゃってるなんて恥ずかしいね。まだお仕置き読んであげただけなのにね。
実際にしたらおかしくなっちゃうかもねぇ。順番にしていくからね。ほら、お仕置きを受ける時は?」

膝立ちから土下座の姿勢になる。
「綺果様、ペットにお仕置きをして、より綺果様を楽しませることの出来る犬に躾けてください。よろしくお願い申し上げます。」
頭に足を乗せられたままそう口にする。
「ふふ。今日の言葉はいいね。じゃあ一つ目からね。」

長い1日が始まる。






ランキングに参加中。急げ。↓↓↓↓↓





足跡変わりにクリックしてね。20万ヒット迄もうそろそろ。ランキング上がると、素敵なことがあるかもよ。1クリックしてっちょっ。

奴隷達へ


さて、
長いこと待たせてしまったな。
もう、
他の主人を見つけてしまったかな?
もうそろそろ、SMを少しずつ再開していこうと思う。


また、徐々にではあるが、命令を出す。



メールで難しいようなら、blog記事としてアップしておくから、実行したらメールしなさいね。



お互い休息があった分、急激に再開となると、キツイから、まずは、簡単な物からにしよう。


体型チェックをしたい、体重、臍周りの数字、メジャーが無いものは、体重だけでいい、全裸での写メ送りなさい。


見習い奴隷以外は、オナは、生理日まで、基本毎日逝きなさい。
時間の無いときや、体調の兼ね合いをみて、どうしても出来ない時は、仕方ない我慢しなさい。



個々でしたい事あるなら、メールにて話しなさい。



後、体ヘの落書きもしなさい。



全て画像付きの報告が、好ましい。
今回はここまで。
わからない事、当てはまらないかは、個々で質問すること。
ここで、間違えた判断はしないこと。



ランキングに参加中。急げ。↓↓↓↓↓





足跡変わりにクリックしてね。20万ヒット迄もうそろそろ。ランキング上がると、素敵なことがあるかもよ。1クリックしてっちょっ。

苦しいこと


一から、躾を受けるとき、初めての子も、経験ある子も、新しい主人の下で、躾受けるときは、何か新鮮な気持ちで受けると思う。


その時、苦しいこと、痛い事、辛いことの方が多いと思う。


何故なのか、自問自答を沢山繰り返すことで、新しい主人の色に染まって行く。


耐えてる時、体の奥底に何が染み渡って行く感覚を感じていく。


そうして、日々の調教が、実を結んでいく。


解けない鎖として。





ランキングに参加中。急げ。↓↓↓↓↓





足跡変わりにクリックしてね。20万ヒット迄もうそろそろ。ランキング上がると、いい事があるかもよ。1クリックしてっちょっ。

厳しさと愛情


厳しさは、愛情とセットだと、私は考えてます。
いつか、きっと、厳しさの分だけ、奴隷の体の中で、何が変化して行くことに、気づくときが来ます。


単純なことかもしれない。
その単純なことが、1番大切なことなんだって。



私の場合は、一つ一つの姿勢や体勢、調教が、キツク、苦しい姿勢が主です。


正座にしろ、土下座にしろ、四つん這い、膝立ち、気をつけ、いろいろな姿勢が、1番キツイ姿勢をとって、それが正式なる姿勢になります。


アナルをみせるのも、浣腸も、鞭も、縛りも、ペニスも、全ての調教に意味を持ち、込められていく思いを、私でしか味わえない、快楽、快感、喜びへと繋がっていく。




そのための、それぞれの、メンテナンスが、必要不可欠になる。



言葉でさえも、緊張の中でも、ハッキリハキハキと挨拶の言葉、卑猥な言葉を、心の声とともに、口にする。




私は、小さい声で、ボソボソっと話したり、することは、大嫌いです。



大きな声で、出来れば、腹の底で、しっかり声を出してほしい。



痛いとか、喘ぎとか、叫びは、大きくても、感じんな所が、小さくて、聞こえないのは、何度でも繰り返し躾ます。


わざと、小さくて聞こえない声でお仕置きや調教して欲しいなら、そう感じた段階で、より厳しく、していくし、何度も、最初からやり直し、そうこうしてたら、永遠に、一つの調教が、終わらない、エンドレスで苦痛だけが続いて行く。



手加減は、ドンドン、しなくなって、体が、痣だらけかな?
浣腸も、限界超えても、我慢しかない?
そう、調教によってバリエーションが、様々だから、より楽しめる。




私の厳しさに耐え抜くだけの気持ちがあると、どんなことでも、乗り越えられるよ。




厳しさと怖さは違うものよ。





嫌いとか、信頼してないからとかで、厳しくするんじゃない。




私が、しっかり愛情あるから、厳しくなるだけ。
このblogで、しっかり勉強しなさい。
長くなるにつれ、私の言葉達が、何を示すのか、自ずと、わかるようになるから。
しっかり着いておいで。







ランキングに参加中。奴隷達は毎回クリックしなさい。↓↓↓↓↓





足跡変わりにクリックしてね。20万ヒットにご協力を。ランキング上がると、素敵なことがあるかもよ。1クリックしてっちょっ。

奴隷へ


たまには、リアルメール調教を公開しても大丈夫な子は、申し出なさい。



blogで、公開して、見てもらうのもドキドキして、刺激になるかもね。






久々に、公開調教したいなぁ。



なんて。





さてさて、君の行く末は?↓↓↓↓↓





足跡帳。20万ヒットもうすぐ。。
カテゴリ
プロフィール

綺果

Author:綺果
名前綺果
所属S女
年齢33
私の、感じるままに、書いてます。
メールフォームから、質問、受け付けてます。お気軽にご利用ください。
只今、M男、M女、奴隷募集中。
ダイエット奴隷も同時募集中。
公開調教も募集中

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー
ご訪問ありがとうございます。

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
5284位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
211位
アクセスランキングを見る>>
ブロマガ購読者数

現在0人が購読中です

ブロマガ一覧を見る

ブロマガ購読者向けメールフォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2ブックマーク
Lc.ツリートラックバック
記念日
綺果の誕生日
カウントダウン
あなたは、綺果の友人
カウントアップカウンター
FC2チャット
アクセスランキング
ブロとも一覧

愛奴隷と呼ばれるために 〜pledge〜

大阪マニアックM・フェチ性感倶楽部 OPE オフィシャルブログ   『 寝言は寝て言え ! 』

CoCoの調教日記

鬼畜崇拝

*〜hiro〜*season2

*~hiro~*第三章

浣腸好き主婦のよもやま話

ルイージの変態部屋

舐め犬・M男のさまよい日記

OL夢華の秘めごと遊び

Mの森

こたけ速報

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

えむどれいけんのブログ

SM事師たち-無料SM動画学入門-

甘美なる一時をあなたに。M女/M男/SM/課題/調教

沖縄SM~緊縛・調教・羞恥・快楽・絶頂・奴隷の世界~

視線と言葉と
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数: